私のおなかが出てきたのは、そもそも便秘が原因でしたが、日ごろの不摂生がたたったせいか、だんだんと体重もふえていきました。
気づいたときには、私より身長が8cmも高い、夫の体重を超えていたのです。その後、何度もダイエットに挑戦しましたが、元来の飽きっぽい性格が災いし、長続きしたことはありません。いつも、1kgどころか、1gもやせないうちに、ダイエットを中止していたのです。

しかし、今年の6月から始めた「バナナ茶」は、楽に続けられました。というのも、「バナナ茶」を飲み始めて、すぐに便通がよくなり、わずか1週間で2kgも体重が落ちたからです。こうなると、さすがの私も、「続けよう」と思いました。私の場合、起床後すぐに「バナナ茶」を作っています。こうして、出来上がったばかりの熱々の「バナナ茶」を、朝食前にコップ1杯飲むのです。

残った分は冷蔵庫で冷ましておき、昼食前に飲んでいます。熱くても冷めても、おいしく飲むことができます。現在、2ヶ月近く「バナナ茶」を飲み続けていますが、体重が合計で5kgも落ちました。

もちろん、食事制限は全くしていません。ここまでおなかが凹んで、体重を落とすことができたのは、「バナナ茶」を飲み始めて便通がよくなったおかげでしょう。便通が改善したのは、飲み始めた翌日からでした。以前は、お通じがあっても、少量でカチカチにかたい便のため、いきんで出していました。それが一転、ほどよくやわらかい便が、ストンと出たのです。

出る量も、いつもの2倍くらいに増加。こんなにおなかがスッキリしたのは、ひさしぶりでした。さらに、「バナナ茶」を飲み始めて3日後から、2、3日に1度だった便通が、1日1回に変わりました。トイレに行くたび、おなかがどんどん凹んでいったのです。

以前、私のおなかがドーンと出ていたため、夫からは、「妊娠8 ヶ月?」「横綱級!」とからかわれていました。しかし、おなかが引っ込んだ現在、そんな夫の軽口も消失。実際、それまで2Lサイズのズボンをはいていましたが、現在はLサイズでもプカブカです。

こうして、便通が大改善してからは、吹き出物もなくなり、乾燥してガサついていた肌はツルツルになりました。また、疲れにくくなるなど、体は絶好調です。日中、ゴロゴロと横になって過ごすことが多かった私でしたが、外出がふえて、家の中でもキビキビと体を動かせるようになりました。そんな私の姿に、家族も驚いています。このように、ダイエットに成功しただけでなく、便秘が解消して健康にもなれました。「バナナ茶」の効果には、ほんとうに驚いています。

バナナは、水に溶ける食物繊維であるペクチンが豊富です。ペクチンは、腸が伸び縮みする蠕動運動を促し、便秘の改善に役立ちます。さらに、摂取した過剰な脂肪をふろしきのように包み込んで、体内への吸収をおさえてくれるのです。「バナナ茶」は、慢性的な便秘症で、そのうえ、肥満に悩んでいる人には、大きな効果が期待できるでしょう。