バナナ茶でスッキリ

バナナ茶を使って便秘を解消した記録

バナナ茶で頑固な便秘を改善した記録。

昨年、それまで習慣にしていたストレッチをしなくなったころから、便秘に悩むようになりました。ほぼ毎日出ていたのが、3、4日に1度しか出なくなり、おなかがパンパンに張るようになったのです。

常に、おなかに不快感がある状態で、気分も優れません。そんなある日、ママ友から教えてもらったのが「バナナ茶」でした。そのママ友も便秘に悩んでいたそうですが、「バナナ茶」を飲んでから大改善したとのこと。もともと便秘薬には抵抗があり、勧められても飲みませんでした。

しかし、「バナナ茶」は、バナナをはじめ、キャンドルプッシュや羅漢果など、便秘に効果がある自然のもので作られているそうです。「このお茶なら、飲んでみたい」と思い、早飲み始めました。

飲み方は、次のとおりです。急須に300CCのお湯を注ぎ、「バナナ茶」のパックを1つ入れて3分ほどおきます。それを、2 つのコップに分けて、1杯は私が、もう1杯は日ごろ便秘ぎみの夫が飲むようにしました。

ちなみに、我が家は夫婦仲がよくて、健康法などもいっしょに始めることが多いのです。うれしいことに、私は、飲み始めて3日後に変化が現れました。いつも、顔を真っ赤にしていきんで出していたのが、便座に座ったとたん「ボトン~」とすぐに出たのです。しかも、この日を境にして、毎朝お通じがあるようになりました。

便秘のせいで膨らんでいたおなかは凹んでいき、体重も1週間で1kg落ちたのです。

一方の夫も、1週間を過ぎたころから、毎朝スッキリ快便に変わりました。さらに、3週間後には、夫の体重が3kgも落ちたのです。夫の場合、以前に比べて、おなか周りがひとまわり細くなり、見た目がかなりよくなったと思います。現在、私も夫も「バナナ茶」をお休みしていますが、不思議なことに、それでも便秘になりません。

「バナナ茶」には、健康茶で有名なルイボスティーも含まれています。この茶葉には、植物の色素成分であるフラボノイド類が豊富です。フラボノイド類は、抗酸化作用があり、血中コレステロールの除去、血流の改善、便通や新陳代謝の促進効果が期待できます。実際、女性を対象にした臨床試験でも、便秘への有効性が確認されました。

ふだん、趣味のバレーボールで運動しているわりに、ここ数年は太る一方でした。また、年々、便秘ぎみになってきたのです。そこで飲み始めたのが、肥満と便秘の両方にいいと聞いた「バナナ茶」でした。最初の2 日間は、マグカップに熱湯を300cc注ぎ、そこに「バナナ茶」のパック1袋を3分間つけて飲みました。すると、その2日間で、便器がいっぱいになるほど、下痢のような便が大量に出たのです。
これにはとても驚きました。こんなに出るものか…と。

これは効きすぎていると思った私は、パック1袋に対して、600CCのお湯でお茶を入れるようにしました。これを1日2、3回に分けて、コーヒーや日本茶代わりに飲んだのです。
すると、毎朝、ちょうどいい量のバナナ便がスルッと出るようになりました。

こうして便通が改善するとともにウェストを中心にやせていきました。以前は、ズボンをはくと、おなかのぜい肉がズボンのウエスト部分に乗って、まるで浮き輪のようでした。それが、「バナナ茶」を飲み始めて1週間後には、おなかのぜい肉が落ちていき、浮き輪のように見えなくなつたのです。あまりに早く、ぜい肉が落ちたので驚きましたが、体重を量ってみると3kgも落ちていて、再度びっくり。

1ヶ月後には、さらに3kgへって、合計で6kgのダイエットに成功しました。ウェストだけ′でなく、お尻も引き締まったので、スタイルもよくなつたのです。
また、やせてからは、肌をほめられるようになりました。化粧乗りがよくなり、吹き出物も出なくなったのです。このように、「バナナ茶」を飲み始めてから、いいことばかりです。もうしばらく、飲み続けようと考えています。

私のおなかが出てきたのは、そもそも便秘が原因でしたが、日ごろの不摂生がたたったせいか、だんだんと体重もふえていきました。
気づいたときには、私より身長が8cmも高い、夫の体重を超えていたのです。その後、何度もダイエットに挑戦しましたが、元来の飽きっぽい性格が災いし、長続きしたことはありません。いつも、1kgどころか、1gもやせないうちに、ダイエットを中止していたのです。

しかし、今年の6月から始めた「バナナ茶」は、楽に続けられました。というのも、「バナナ茶」を飲み始めて、すぐに便通がよくなり、わずか1週間で2kgも体重が落ちたからです。こうなると、さすがの私も、「続けよう」と思いました。私の場合、起床後すぐに「バナナ茶」を作っています。こうして、出来上がったばかりの熱々の「バナナ茶」を、朝食前にコップ1杯飲むのです。

残った分は冷蔵庫で冷ましておき、昼食前に飲んでいます。熱くても冷めても、おいしく飲むことができます。現在、2ヶ月近く「バナナ茶」を飲み続けていますが、体重が合計で5kgも落ちました。

もちろん、食事制限は全くしていません。ここまでおなかが凹んで、体重を落とすことができたのは、「バナナ茶」を飲み始めて便通がよくなったおかげでしょう。便通が改善したのは、飲み始めた翌日からでした。以前は、お通じがあっても、少量でカチカチにかたい便のため、いきんで出していました。それが一転、ほどよくやわらかい便が、ストンと出たのです。

出る量も、いつもの2倍くらいに増加。こんなにおなかがスッキリしたのは、ひさしぶりでした。さらに、「バナナ茶」を飲み始めて3日後から、2、3日に1度だった便通が、1日1回に変わりました。トイレに行くたび、おなかがどんどん凹んでいったのです。

以前、私のおなかがドーンと出ていたため、夫からは、「妊娠8 ヶ月?」「横綱級!」とからかわれていました。しかし、おなかが引っ込んだ現在、そんな夫の軽口も消失。実際、それまで2Lサイズのズボンをはいていましたが、現在はLサイズでもプカブカです。

こうして、便通が大改善してからは、吹き出物もなくなり、乾燥してガサついていた肌はツルツルになりました。また、疲れにくくなるなど、体は絶好調です。日中、ゴロゴロと横になって過ごすことが多かった私でしたが、外出がふえて、家の中でもキビキビと体を動かせるようになりました。そんな私の姿に、家族も驚いています。このように、ダイエットに成功しただけでなく、便秘が解消して健康にもなれました。「バナナ茶」の効果には、ほんとうに驚いています。

バナナは、水に溶ける食物繊維であるペクチンが豊富です。ペクチンは、腸が伸び縮みする蠕動運動を促し、便秘の改善に役立ちます。さらに、摂取した過剰な脂肪をふろしきのように包み込んで、体内への吸収をおさえてくれるのです。「バナナ茶」は、慢性的な便秘症で、そのうえ、肥満に悩んでいる人には、大きな効果が期待できるでしょう。

↑このページのトップヘ